Journals

  1. Noboru ISHIHARA, Shuhei AMAKAWA, Kazuya MASU, “RF CMOS Integrated Circuit: History, Current Status and Future Prospects”, IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science, INVITED PAPER, Vol. E94-A, No. 2, pp. 556-567, Feb 2011.
  2. 石原 昇, 天川修平, 益 一哉, “CMOS 集積回路とMEMSの融合”, 電子情報通 信学会学会誌 2010年11月号, pp.928-932, Vol. 93, No. 11, 2010.http://www.ieice.org/jpn/books/kaishikiji/2010/201011.pdf
  3. 畠山 英樹, 上道 雄介, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, “ウェハーレベルパッケージ技術による高周波インダクタの開発と回路応用,” 電子情報通信学会論文誌C, Vol. J93-C, No. 11, pp. 477-484, November 2010.
  4. Takayuki Sekiguchi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Inductorless 8.9mW 25Gb/s 1:4 DEMUX and 4mW 13Gb/s 4:1 MUX in 90 nm CMOS,” Journal of Semiconductor Technology and Science, Vol. 10, No. 3, pp. 176-184, September 2010.
  5. Koh Yamanaga, Shuhei Amakawa, Kazuya Masu, and Takashi Sato, “A Universal Equivalent Circuit Model for Ceramic Capacitors,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Vol. E93-C, No. 3, pp. 347-354, March 2010.
  6. Mousa M. Othman, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara and Kazuya Masu, “Wide-band, High Linear Low Noise Amplifier Design in 0.18um CMOS,” IEICE Electronics Express, Vol. 7, No. 11, pp. 759-764, June 10, 2010.
  7. Yutaka Mizuochi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Radio Frequency Micro Electro Mechanical Systems Inductor Configurations for A Achieving Large Inductance Variations and High Q-factors,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 49, pp. 05FG02-1 – 05FG02-3, May 2010.
  8. Toshiyuki Umeda and Kazuya Masu, “A Study for the Efficiency of Transmission Energy for Different High-Frequency Communication Circuits,” IEICE Electronics Express, Vol. 7, No. 8, pp. 552-557, April 25, 2010.
  9. Takao Oshita, shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Design of On-Chip High Speed Interconnect on Complementary Metal Oxide Semiconductor 180 nm Technology,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 49, pp. 04DE14-1 – 04DE14-6, April 2010.
  10. Kazuo Nakano, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “RF Signal Generator Based on Time-to-Analog Converter in 0.18um CMOS,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 49, pp. 04DE12-1 – 04DE12-4, April 2010.

International Conferences

  1. Sang yeop Lee, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “High-Frequency Half-Integral Subharmonic Locked Ring-VCO-Based Scalable PLL in 90 nm CMOS,” Proceedings of Asia-Pacific Microwave Conference 2010 (APMC2010), pp. 586-589, Yokohama, Japan, December 9, 2010.
  2. Atsushi Shirane, Yutaka Mizuochi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Digitally Controllable RF MEMS Inductor,” 27th Annual Advanced Metallization Conference 2010 (AMC2010), 22_Shirane.pdf, Albany, NY, USA, October 7, 2010.
  3. Toshifumi Konishi, Satoshi Maruyama, Takaaki Matsushima, Makoto Mita, Katsuyuki Machida, Noboru Ishihara, Kazuya Masu, Hiroyuki Fujita, and Hiroshi Toshiyoshi, “A SPICE-based Multi-physics Seamless Simulation Platform for CMOS-MEMS,” 2010 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2010), pp. 1158-1159, Tokyo, Japan, September 24, 2010.
  4. Sang_yeop Lee, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Wide-Frequency-Range Low-Noise Injection-locked Ring VCO for UWB Applications in 90 nm CMOS,” 2010 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2010), pp. 109-110, Tokyo, Japan, September 22, 2010.
  5. Kazuo Nakano, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara and Kazuya Masu, “RF Signal Generator Based on Time-to-Analog Converter Using Multi-Ring Oscillators in 90 nm CMOS,” 2010 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2010), pp. 103-104, Tokyo, Japan, September 22, 2010.
  6. Sang yeop Lee, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Low-Phase-Noise Wide-Frequency-Range Differential Ring-VCO with Non-Integral Subharmonic Locking in 0.18μm CMOS,” 40th European Microwave Conference, pp. 1611-1614, Paris, France, September 28, 2010.
  7. Atsushi Shirane, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “High Voltage Charge Pump Circuit in 0.18μm CMOS Process for MEMS Electrostatic Actuators Controlling,” Integrated Circuits and Devices in Vietnam (ICDV) 2010, pp. 17 -19, Ho Chi Minh City, Vietnam, July 16, 2010.
  8. Taku Fujiwara, Noboru Ishihara, Shuhei Amakawa, Hisashi Yamanouchi, Hiroki Tanabe, Satoshi Nomura, Toshifumi Konishi, Katsuyuki Machida, and Kazuya Masu, “A Wearably Small Low-Power Wireless pH Sensor Module Incorporating an lon-sensitive Field-Effect Transtor,” The 13th International Meeting on Chemical Sensors (IMCS-13), p. 378, Perth, Western Australia, July 14, 2010.
  9. Mousa M. Othman, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Wideband, High-linearity Low-noise Amplifire Design in Sub-micrometer CMOS Technology,” 28th Progress In Electromagnetics Research Symposium (PIERS2010), pp. 727-728, Cambridge, USA, July 8, 2010.
  10. Koh Yamanaga, Kazuya Masu, and Takashi Sato, “Application of generalized scattering matrix for prediction of power supply noise,” in Proc. International Workshop on System Level Interconnect Prediction (SLIP), pp.83-90, June 2010.
  11. Takumi Uezono, Tomoyuki Takahashi, Michihiro Shintani, Kazumi Hatayama, Kazuya Masu, Hiroyuki Ochi, and Takashi Sato, “Scan Based Process Parameter Estimation Through Path-Delay Inequalities,” IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2010), Paper ID 3122, Paris, France, June 2, 2010.
  12. Takashi Sato, Takumi Uezono, Noriaki Nakayama, and Kazuya Masu, “Decomposition of Drain-Current Variation Into Gain-Factor and Threshold Voltage Variations,” IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2010), Paper ID 2227, Paris, France, May 31, 2010.
  13. Sang yeop Lee, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Low-Phase-Noise Wide-Frequency-Range Ring-VCO-Based Scalable PLL with Subharmonic Injection Locking in 0.18μm CMOS,” IEEE MIT-S International Microwave Symposium (IMS2010), pp. 1178-1181, Anaheim, California, USA, May 27, 2010.
  14. Takumi Uezono, Tomoyuki Takahashi, Michihiro Shintani, Kazumi Hatayama, Kazuya Masu, Hiroyuki Ochi, and Takashi Sato, “Path Clustering for Adaptive Test,” IEEE VLSI Test Symposium, pp. 15-20, Santa Cruz, California, USA, April 19, 2010.

Tutorial Papers

N/A

Domestic Conferences

  1. 勝部恭平,辛永式,石田誠,澤田和明,石井仁,町田克之,石原昇,益一哉, 飯田健一郎,齋藤光正,藤井潤,吉田眞一,“細菌迅速検出用マイクロチップI ‐細菌捕獲構造の製作‐” 2011年春季第58回応用物理学関係連合講演会, 26p-CB-1, 2011年3月24日-27日(於神奈川工科大学)
  2. Hamid Kiumarsi, Satoru Tanoi, Yusuke Uemichi, Hideki Hatakeyama, Takuya Aizawa, Hiroyuki Ito, Kenichi Okada, Noboru Ishihara, Kazuya Masu,”Broadside 3-dB Tandem Coupler Using WLP Technology for 60 GHz Applications”,電気情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, p. 120, 2011年3月14日 (於 東京都市大学).
  3. 李 尚曄,天川 修平,伊藤 浩之,石原 昇,益 一哉, 「インジェクションロックを適用したインダクタレス位相同期ループ回路」, 電気情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, p. 83, 2011年3月14日 (於 東京都市大学).
  4. 白根 篤史,天川 修平,石原 昇,益 一哉, 「MEMS静電アクチュエータに向けた高電圧CMOSチャージポンプ回路」, 電気情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, p. 108, 2011年3月15日 (於 東京都市大学).
  5. Dayang Nur Salmi Dharmiza,大鶴 基格, 中島 智也, 天川 修平, 田野井 聡,伊藤 浩之,石原 昇, 益 一哉, 「A Study of Inverter-based RF CMOS Low Noise Amplifier Scalability in CMOS Process」, 電気情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, p. 95, 2011年3月14日 (於 東京都市大学).
  6. 益 一哉, 「異種機能集積化の今後の展望」, 電気学会センサ・マイクロマシン部門主催 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, pp. 146-146, 2010年10月14日 (於 くにびきメッセ@島根).
  7. 藤原 琢, 石原 昇, 天川 修平, 山之内 悠, 田邉 裕貴, 野村 聡, 小西 敏文, 町田 克之, 益 一哉, 「ISFET を用いた小型低電力ワイヤレス pH センサモジュール」, 電気学会センサ・マイクロマシン部門主催 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, pp. 19-22, 2010年10月15日 (於 くにびきメッセ@島根).
  8. 白根 篤史, 水落 裕, 天川 修平、石原 昇、益 一哉, 「RF可変受動素子実現に向けたAll Metal MEMS静電アクチュエータ」, 電気学会センサ・マイクロマシン部門主催 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, pp. 1-4, 2010年10月15日 (於 くにびきメッセ@島根).
  9. 鈴木 成人, 関口 貴之, 田野井 聡, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「チップ内伝送用高速低電力MUX/DEMUXの検討」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 76, 2010年9月15日 (於 大阪府立大学).
  10. 椎野 雄介, 高木 辰則, 前川 智明, 田野井 聡, 石原 昇, 益一哉, 「Capacitively-Resistively Driven Wireを導入したオンチップRC伝送回路の検討」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 90, 2010年9月17日 (於 大阪府立大学).
  11. 中野和雄, 天川修平, 田野井聡, 石原 昇, 益 一哉, 「CMOS マルチリングオシレータを用いた RF 信号発生回路の検討」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 92, 2010年9月17日 (於 大阪府立大学).
  12. 上村 龍也, 李 尚曄, 田野井 聡, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「注入同期を用いたスケーラブル広帯域リング型電圧制御発振器回路」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 93, 2010年9月17日 (於 大阪府立大学).
  13. 李 尚曄, 上村 龍也, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「注入同期を用いた低位相雑音リングVCO型PLL」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 97, 2010年9月17日 (於 大阪府立大学).
  14. 大鶴 基格, 中島 智也, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「2ステップゲイン広帯域CMOS増幅ICの試作評価結果」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 105, 2010年9月17日 (於 大阪府立大学).
  15. 藤原 琢, 石原 昇, 天川 修平, 山内 悠, 田邉 裕貴, 野村 聡, 小西 敏文, 町田 克之, 益 一哉, 「ISFETを用いたワイヤレスpHセンシング用低電力FM送信IC」, 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 111, 2010年9月17日 (於 大阪府立大学).
  16. 益 一哉, 「イントロダクトリートーク:異種機能集積化の展望」, 第 71 回応用物理学会学術講演会, pp. 96, 2010年9月14日 (於 長崎大学).
  17. 白根 篤史, 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「RF MEMS N-bit可変インダクタの実現に向けた構成の検討」, 第 71 回応用物理学会学術講演会 講演予稿集, pp. 13-241, 2010年9月17日 (於 長崎大学).
  18. Hamid Kiumarsi, Yutaka Mizuochi, Satoru Tanoi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, Kazuya Masu, “CMOS Power Amplifier in 65nm Technology”, 2010 年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 104, 2010年9月17日(於 大阪府立大学).
  19. Dayang Nur Salmi Dharmiza, Mototada Oturu, Tomoya Nakajima, Satoru Tanoi, Shuhei Amakawa ,Noboru Ishihara, Kazuya Masu, “CMOS Inverter-based Wideband LNA in 65nm Technology”, 2010 年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会, pp. 98, 2010年9月17日(於 大阪府立大学).
  20. 李 尚曄, 天川修平, 石原 昇, 益 一哉, 「スケーラブル広帯域CMOS位相同期回路」, STARCフォーラム/シンポジウム, 2010年8月26日 (於 新横浜).
  21. Mousa Othman, 石原 昇 ,益 一哉, 「Wideband Low Noise Amplifier Design using Noise Canceling and Wideband Input Matching Technique」, LSIとシステムのワークショップ2010, pp. 270-272, 講演番号34, 2010年5月18日 (於 北九州国際会議場).
  22. 李 尚曄, 石原 昇, 益 一哉, 「半整数倍サブインジェクションロックを用いたリング型CMOS電圧制御発振回路」, LSIとシステムのワークショップ2010, pp. 276-278, 講演番号36, 2010年5月18日 (於 北九州国際会議場).
  23. 白根 篤史, 石原 昇, 益 一哉, 「四相差動リング発振回路を用いたスケーラブルRF QPSK変調回路」, LSIとシステムのワークショップ2010, pp. 279-284, 講演番号37, 2010年5月18日 (於 北九州国際会議場).
  24. 藤原 琢, 石原 昇, 山内 悠, 田邉 裕貴, 野村 聡, 小西 敏文, 町田 克之, 益 一哉, 「ISFETを用いた生体・環境モニタリング用ワイヤレスpHセンサモジュール」, LSIとシステムのワークショップ2010, pp. 285-287, 講演番号39, 2010年5月18日 (於 北九州国際会議場).

Conferences/Meetings without Abstract

N/A

Books

N/A

Exhibitions

N/A

Other

N/A