Journals

  1. Takumi Uezono, Kazuya Masu, and Takashi Sato, “A Time-Slicing Ring Oscillator for Capturing Time-Dependent Delay Degradation and Power Supply Voltage Fluctuation,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Vol. E93-C, No. 3, pp. 324-331, March 2010.
  2. Takashi Sato, Hiroyuki Ueyama, Noriaki Nakayama, and Kazuya Masu, “Accurate Array-Based Measurement for Subthreshold-Current of MOS Transistors,” IEEE Journal of Solid-State Circuits, Vol. 44, No. 11, pp. 2977-2986, November 2009.
  3. Takeshi Ito, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “Characterization of On-Chip Multiport Inductors for Small-Area RF Circuits,” IEEE Transactions on Circuits and Systems I, Vol. 56, No. 8, pp. 1590-1597, August 2009.
  4. Mayumi B. Takeyama, Atsushi Noya, Yasuo Nakadai, Shozo Kambara, Masanobu Hatanaka, Yuichiro Hayasaka, Eiji Aoyagi, Hideaki Machida, and Kazuya Masu, “Low Temperature Deposited Zr-B Film Applicable to Extremely Thin Barrier for Copper Interconnect,” Applied Surface Science, Vol. 256, pp. 1222-1226, June 2009.
  5. Kazuya Masu, Noboru Ishihara, Noriaki Nakayama, Takashi Sato, and Shuhei Amakawa, “Physical Design Challenges to nano-CMOS Circuits,” IEICE Electronics Express (ELEX), Vol. 6, No. 11, pp. 703-720, 2009. (Invited Paper)
  6. 佐々木 英樹, 原田 高志, 栗山 敏秀, 佐藤 高史, 益 一哉, “二つのキャパシタと1本の電源配線で構成した電磁放射低減電源デカップリング回路のQFPパッケージLSIへの適用,” 電子情報通信学会論文誌B, Vol. J92-B, No. 5, pp. 883-891, 2009.
  7. Shiho Hagiwara, Takashi Sato, and Kazuya Masu, “Analytical Estimation of Path-Delay Variation for Multi-Threshold CMOS Circuits,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Vol. E92-A, No. 4, pp. 1031-1038, April 2009.
  8. Takumi Uezono, Takashi Sato, and Kazuya Masu, “One-Shot Voltage-Measurement Circuit Utilizing Process Variation,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Vol. E92-A, No. 4, pp. 1024-1030, April 2009.
  9. Koh Yamanaga, Takashi Sato, and Kazuya Masu, “2-Port Modeling Technique for Surface-Mount Passive Components Using Partial Inductance Concept,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Vol. E92-A, No. 4, pp. 976-982, April 2009.
  10. Hirotaka Sugawara, Kenichi Okada, And Kazuya Masu, “Tunable CMOS LNA Using a Variable Inductor for a Reconfigurable RF Circuit”, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, vol.E92-A, no.2 pp.401-410, FEBRUARY 2009.

International Conferences

  1. Shiho Hagiwara, Koh Yamanaga, Ryo Takahashi, Kazuya Masu, and Takashi Sato, “Linear Time Calculation of State-Dependent Power Distribution Network Capacitance,” International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED), pp. 75-80, San Jose, USA, March 23, 2010.
  2. Takanori Date, Shiho Hagiwara, Kazuya Masu, and Takashi Sato, “Robust Importance Sampling for Efficient SRAM Yield Analysis,” International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED), pp. 15-21, San Jose, USA, March 23, 2010.
  3. Takayuki Sekiguchi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “On the Validity of Bisection-Based Thru-Only De-Embedding,” 2010 IEEE International Conference on Microelectronic Test Structures (ICMTS2010), Hiroshima, Japan, March 23, 2010.
  4. Kazuya Masu, “State of the Art and Future of the Fusion of MEMS and Circuits”, Evening Panel Session, ES4: Fusion of MEMS and Circuits, International Solid State Circuit Conference (ISSCC 2010), Monday, Feb. 8, 2010
  5. Kazuya Masu, Noboru Ishihara, and Shuhei Amakawa, “On-Chip Transmission Line Interconnect for CMOS High Speed Signaling”, 12th International Symposium on Microwave and Optical Technology (ISMOT-2009), pp.703-706, New Delhi, India, December 18, 2009.
  6. Takayuki Sekiguchi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “An 8.9mW 25Gb/s Inductorless l:4 DEMUX in 90nm CMOS”, International SoC Design Conference 2009, pp. 404-407, Busan, Korea, November 24, 2009.
  7. Michihiro Shintani, Takumi Uezono, Tomoyuki Takahashi, Hiroyuki Ueyama, Takashi Sato, Kazumi Hatayama, Takashi Aikyo, and Kazuya Masu, “An Adaptive Test for Parametric Faults Based on Statistical Timing Information,” IEEE Asian Test Symposium, pp. 151-156, Taichung, Taiwan, November 24, 2009.
  8. Tomoyuki Takahashi, Takumi Uezono, Michihiro Shintani, Kazuya Masu, and Takashi Sato, “On-Die Parameter Extraction from Path-Delay Measurements,” 2009 IEEE Asian Solid-State Circuits Conference, pp. 101-104, Taipei, Taiwan, November 17, 2009.
  9. Tomoya Nakajima, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “A Scalable Wideband Low-Noise Amplifier Consisting of CMOS Inverter Circuits for Multistandard RF Receivers,” 3rd International Conference on Signals, Circuits & Systems (SCS), CE2-04, Djerba, Tunisia, November 6, 2009.
  10. Yutaka Mizuochi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “MEMS Inductor Configurations with Shields for Achieving Large Inductance Variations,” Advanced Metallization Conference 2009 (AMC2009), pp. 59-60, Baltimore, Maryland, USA, October 15, 2009; Advanced Metallization Conference 2009 19th Asian Session (ADMETA), pp. 40-41, Tokyo, October 20, 2009.
  11. Kazuo Nakano, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara and Kazuya Masu, “RF Signal Generator Based on Time-to-Analog Converter in 0.18um CMOS,” International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM), pp. 466-467, Sendai, October 8, 2009.
  12. Takao Oshita, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Design of On-Chip High Speed Interconnect on CMOS 180nm Technology”, International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM), pp. 64-65, Sendai, October 7, 2009.
  13. Yutaka Mizuochi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Study of Air-Suspended RF MEMS Inductor Configurations for Realizing Large Inductance Variations,” Argentine School of Micro-Nanoelectronics, Technology and Applications 2009 (CAMTA2009), pp. 50-55, Bariloche, Argentina, October 2, 2009.
  14. Yuka Kobayashi, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “A Low-Phase-Noise Injection-Locked Differential Ring-VCO with Half-Integral Subharmonic Locking in 0.18 um CMOS,” European Solid-State Circuits Conference (ESSCIRC), pp. 440-443, Athens, Greece, September 17, 2009.
  15. Tomoaki Maekawa, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “Design of CMOS Inverter-Based Output Buffurs Adapting the Cherry-Hooper Broadbanding Technique,” The 19th European Conference on Circuit Theory and Design (ECCTD2009), pp. 511-514, Antalya, Turkey, August 25, 2009.
  16. Koh Yamanaga, Shuhei Amakawa, Takashi Sato and Kazuya Masu, “Two-Dimentional Moment Method for Analyzing Current Distribution of a Ceramic Capacitor,” 2009 International Symposium on Electromagnetic Comptibility, Kyoto, Japan, pp. 575-578, July 27, 2009.
  17. Y. Kurita, N. Motohashi, S. Matsui, K. Soejima, S. Amakawa, K. Masu, and M. Kawano, “SMAFTI packaging technology for new interconnect hierarchy,” International Interconnect Technology Conference (IITC), pp. 220-222, Sapporo, Japan, June 3, 2009.
  18. Shuhei Amakawa, Koh Yamanaga, Hiroyuki Ito, Takashi Sato, Noboru Ishihara, and Kazuya Masu, “S-Parameter-Based Modal Decomposition of Multiconductor Transmission Lines and Its Application to De-Embedding,” International Conference on Microelectronic Test Structures (ICMTS), pp.177-180, Oxnard, California, April 1, 2009.

Tutorial Papers

N/A

Domestic Conferences

  1. 藤原 琢, 石原 昇, 天川 修平, 山内 悠, 田邉 裕貴, 野村 聡, 小西 敏文, 町田 克之, 益 一哉, 「ISFET を用いたワイヤレス pH センサモジュール」, 電子情報通信学会総合大会, A-1-42, 2010年3月19日 (於 東北大学).
  2. 鈴木 成人, 関口 貴之, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「クロックドインバータ型D-FFによるMUX/DEMUXの研究」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-58, 2010年3月19日 (於 東北大学).
  3. 高木 辰則, 前川 智明, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「オンチップRC配線と伝送線路による高速デジタル信号伝送特性の比較」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-59, 2010年3月19日 (於 東北大学).
  4. 白根 篤史, 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「MEMS円形アクチュエータを用いたRF可変インダクタの検討」, 第 57 回応用物理学関係連合講演会, 17p-B-13, 2010年3月17日 (於 東海大学).
  5. 白根 篤史, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「デジタルベーススケーラブルQPSK RF変調回路」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-2, 2010年3月16日 (於 東北大学).
  6. 中野 和雄, 白根 篤史, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「インジェクションロックを用いた CMOS QPSK RF 信号発生回路の検討」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-3, 2010年3月16日 (於 東北大学).
  7. Mousa M. Othman, Shuhei Amakawa, Noboru Ishihara, Kazuya Masu, 「Wide-Band, Linear Low Noise Amplifier Design」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-12, 2010年3月16日 (於 東北大学).
  8. 大鶴 基格, 中島 智也, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「CMOSインバータ型高利得広帯域RF可変増幅回路の検討」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-13, 2010年3月16日 (於 東北大学).
  9. 李 尚曄, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「2.8-11 GHz広帯域差動リング型電圧制御発振器」, 電子情報通信学会総合大会, C-12-17, 2010年3月16日 (於 東北大学).
  10. 伊達 貴徳, 萩原 汐, 益 一哉, 佐藤 高史, 「超球の一部を用いた歩留り推定における不良領域の効率的探索手法」, VLSI設計技術研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 109, No. 462, VLD2009-10, pp. 37-42, 2010年3月10日 (於 沖縄県男女共同参画センター).
  11. 益 一哉, 天川 修平, 石原 昇, 「オンチップ受動素子の高性能化」, Microwave Workshops & Exhibition 2009 (MWE2009), pp. 409-417, 2009年11月27日 (於 パシフィコ横浜).
  12. 石原 昇, 水落 裕, 益 一哉, 「アナログCMOS 集積回路と MEMS の融合」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, CT-1-3, 2009年9月17日 (於 新潟大学).
  13. 益 一哉, 「総論:MEMSとLSIの融合」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, CT-1-1, 2009年9月17日 (於 新潟大学).
  14. 前川 智明, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「キャパシティブプリエンファシス技術を導入したオンチップRC伝送回路と伝送線路回路の比較」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-53, 2009年9月18日 (於 新潟大学).
  15. 関口 貴之, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「高速オンチップシリアル伝送用4:1 MUX 回路の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-52, 2009年9月18日 (於 新潟大学).
  16. 李 尚曄, 小林 由佳, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「CMOSリング型I/Q出力電圧制御発振器の広帯域化に関する検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-25, 2009年9月16日 (於 新潟大学).
  17. 白根 篤史, 中野 和雄, 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「スケーラブル広帯域RF QPSK変調回路の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-23, 2009年9月16日 (於 新潟大学).
  18. 中野 和雄, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「Time To Analog Converterを用いたスケーラブルCMOS RF信号発生回路の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-22, 2009年9月16日 (於 新潟大学).
  19. 大鶴 基格, 佐渡島 進, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「CMOSインバータ型広帯域可変利得増幅器の評価」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-17, 2009年9月15日 (於 新潟大学).
  20. 中島 智也, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「CMOSインバータ回路をベースとしたインダクタレス広帯域RF CMOS低雑音増幅回路」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-16, 2009年9月15日 (於 新潟大学).
  21. 石原 昇, 水落 裕, 天川 修平, 益 一哉, 「RF CMOS 集積回路と MEMS 回路の融合」, 電気学会センサ・マイクロマシン部門主催 第26回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, C2-2, 2009年9月15日 (於 タワーホール船堀).
  22. 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「ミアンダ構造高可変率MEMSインダクタ」, 秋季第70回応用物理学会学術講演会, 11a-TG-3, 2009年9月11日 (於 富山).
  23. 藤原 琢, 石原 昇, 天川 修平, 田追 裕貴, 野村 聡, 小西 敏文, 町田 克之, 益 一哉, 「pHセンサ用ISFET特性のモデリング」, 秋季第70回応用物理学会学術講演会, 8p-TB-3, 2009年9月8日 (於 富山).
  24. 高橋 知之, 上薗 巧, 越智 裕之, 益 一哉, 佐藤 高史, 「パス遅延測定によるチップ特性の推定手法」, DAシンポジウム, pp. 133-138, 2009年8月27日 (於 石川県加賀市).
  25. 中島 智也, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「CMOSインバータ回路をベースとしたスケーラブル広帯域低雑音増幅回路」, STARCフォーラム/シンポジウム, p. 56, 2009年8月25日 (於 新横浜).
  26. 益 一哉, 「集積化MEMSの展望[基調講演]」, 信学技報 (電子デバイス研究会), ED2009-109, pp. 39-40, 2009年7月31日.
  27. 益 一哉, 石原 昇, 天川 修平, 「RF CMOS集積回路 -Reconfigurability and Scalability- (招待講演)」, 信学技報 (ソフトウエア無線研究会), Vol. 109, No. 155, SR2009-48, pp. 165-166, 2009年7月30日.
  28. 中島 智也, 佐渡島 進, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「インダクタレススケーラブル広帯域CMOS増幅回路」, 電子情報通信学会 シリコンアナログRF研究会, p. 4, 2009年7月23日 (於 東京工業大学).
  29. 関口 貴之, 峰山 亜希子, 鈴木 俊秀, 伊藤 浩之, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「90nmプロセスによる20Gb/sNear-Rail-to-Rail ロジック動作1:4 DEMUX」, 電子情報通信学会 シリコンアナログRF研究会, p. 6, 2009年7月23日 (於 東京工業大学).
  30. 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「RF MEMSインダクタの特性評価」, 第1回 集積化MEMS技術研究ワークショップ, ポスターセッション P17, 2009年7月14日 (於 東京工業大学).
  31. 伊達 貴徳, 萩原 汐, 上薗 巧, 佐藤 高史, 益 一哉, 「SRAM回路の構造的対称性を考慮した2段階学習型重点的サンプリング」, VLSI設計技術研究会 システム設計及び一般, 信学技報, vol. 109, no. 34, VLD2009-5, pp. 37-42, 2009年5月21日 (於 北九州国際会議場).
  32. 前川 智明, 伊藤 浩之, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「オンチップネットワークへの利用を目指した低電力パルス伝送線路回路」, 2009年 (平成21年)LSIとシステムのワークショップ2009, 講演番号42, pp.306-307, 2009年5月19日 (於 北九州国際会議場).
  33. 中島 智也, 伊藤 浩之, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「インダクタレスRF CMOS低雑音増幅回路の検討」, 2009年 (平成21年)LSIとシステムのワークショップ2009, 講演番号43, pp.309-311, 2009年5月19日 (北九州国際会議場).
  34. 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「3次元電磁界解析によるRF CMOS回路用オンチップ/オフチップインダクタ特性の比較」, LSIとシステムのワークショップ2009, pp. 315-317, 2009年5月19日 (於 北九州国際会議場).
  35. 関口貴之, 天川修平, 石原昇, 益一哉, 「オンチップコプレーナ‐ストリップ差動伝送線路の最適化設計」, LSIとシステムのワークショップ2009 , pp. 312-314, 2009年5月19日 (於 北九州国際会議場).
  36. 大下 隆生, 天川 修平, 石原 昇,益 一哉, 「広帯域・低位相雑音・差動型リングVCOの設計」, 第22回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 96-100, 2009年4月20日.
  37. 水落 裕, 天川 修平, 石原 昇, 益 一哉, 「RF IC用インダクタの特性解析」, 第56回応用物理学関係連合講演会, 2a-V-4, 2009年4月2日 (於 筑波大学).

Conferences/Meetings without Abstract

  1. Kazuya Masu, “State of the Art and Future of the Fusion of MEMS and Circuits”, Evening Panel Session, ES4: Fusion of MEMS and Circuits, International Solid State Circuit Conference (ISSCC 2010), Monday, Feb. 8, 2010

Books

N/A

Exhibitions

N/A

Other

N/A