Journals

  1. 益 一哉, 「オンチップ伝送線路配線の期待と課題-True Scalingを可能とする次世代配線技術-」 電子情報通信学会誌, Vol. 91, No. 3, pp. 170-175, March 2008.
  2. Kazuya Masu, and Kenichi Okada, “Reconfigurable RF CMOS Circuit for Cognitive Radio (Invited Paper),” IEICE Transactions on Communications, Vol. E91-B, No. 1, pp. 10-13, January 2008.
  3. 益 一哉, 岡田 健一, 「高周波シリコンCMOS送受信システムチップ」, 電子情報通信学会誌, Vol. 90, No. 4, pp. 276-282, April, 2007.
  4. Kazuma Ohashi, Tackya Yammouch, Makoto Kimura, Hiroyuki Ito, Kenichi Okada, Kazuhisa Itoi, Masakazu Sato, Tatsuya Ito, Ryozo Yamauchi, and Kazuya Masu, “On-Chip Yagi-Uda Antenna for Horizontal Wireless Signal Transmission in Stacked Multi Chip Packaging,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 46, No. 4B, pp. 2283-2286, April 2007.

International Conferences

  1. Kazuya Masu, “RF MEMS for Reconfigurable Radio,” in Sunday Evening Panel 2 (SE2), “MEMS for Frequency Synthesis and Wireless RF Communications (or Life without Quartz Crystal),” The International Solid-State Circuits Conference 2008 (ISSCC 2008), San Francisco, Sunday, February 3, 2008.
  2. Takashi Sato, Hiroyuki Ueyama, Noriaki Nakayama, and Kazuya Masu, “Determination of Optimal Polynomial Regression Function to Decompose On-Die Systematic and Random Variations,” ACM/IEEE Asia South Pacific Design Automation Conference (ASPDAC), pp. 518-523, Seoul, South Korea, January 2008.
  3. Akiko Mineyama, Hiroyuki Ito, Takahiro Ishii, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “LVDS-type On-Chip Transmision Line Interconnect with Passive Equalizers in 90 nm CMOS Process,” IEEE/ACM Asia and South Pacific Design Automation Conference (University LSI Design Contest), pp. 97-98, Seoul, Korea, January 2008.
  4. Susumu Sadoshima, Satoshi Fukuda, Tackya Yammouch, Hiroyuki Ito, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “Small-Area CMOS RF Distributed Mixer Using Multi-Port Inductors,” IEEE/ACM Asia and South Pacific Design Automation Conference (University LSI Design Contest), pp. 105-106, Seoul, Korea, January 2008.
  5. Kazuya Masu, “Interconnect Design Issues of Nano CMOS (Invited Talk)”, Mini-Colloquia on Compact Modeling of Advance MOSFET Structures and Mixed Mode Applications, New Delhi, India, January 5-6, 2008.
  6. Kazuya Masu, “On-Chip Global Interconnect Using Transmission Line (Invited),” The 2nd Workshop on Interconnect Design and Variablity (IDV2007), Paper 2 of the Day 1, Bangalore, India, December 2007.
  7. Kazuma Ohashi, Yusaku Ito, Hiroyuki Ito, Kenichi Okada, Hideki Hatakeyama, Naoyuki Ozawa, Masakazu Sato, Takuya Aizawa, Tatsuya Ito, Ryozo Yamauchi, and Kazuya Masu, “A Low-Power Low-Phase-Noise CMOS VCO using RF SiP Technology,” Asia-Pacific Microwave Conference (APMC), pp. 1777-1780, Bangkok, Thailand, December 2007.
  8. Satoshi Fukuda, Hiroyuki Ito, Kazuhisa Itoi, Masakazu Sato, Tatsuya Ito, Ryozo Yamauchi, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “A 5.2GHz CMOS Low Noise Amplifier with High-Q Inductors Embedded in Wafer-Level Chip-Scale Package,” International Workshop on RF Integration Technology (RFIT), pp. 34-37, Singapore, December 2007.
  9. Takashi Sato, Hiroyuki Ueyama, Noriaki Nakayama, and Kazuya Masu, “A Study on Variation-Component Decomposition using Polynomial Smoothing Function,” The 14th Workshop on Synthesis and System Integration of Mixed Information Technologies (SASIMI), pp. 250-255, October 2007.
  10. Hideki Hatakeyama, Kenichi Okada, Kazuma Ohashi, Yusaku Ito, Naoyuki Ozawa, Masakazu Sato, Takuya Aizawa, Tatsuya Ito, Ryozo Yamauchi, and Kazuya Masu, “Wafer-level-packaging inductor with extremely high quality factor and its application to 5.8GHz LC-type voltage controlled oscillator,” Advanced Metallization Conference (AMC), pp. 8-9, Albany, New York, October 2007; Advanced Metallization Conference, Asian Session (ADMETA), pp. 108-109, Tokyo, October 2007.
  11. Kazuya Miyashita, Hiroyuki Ito, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “High Frequency Characteristics of On-Chip Wirings up to 110 GHz,” Advanced Metallization Conference (AMC), pp. 103-104, Albany, New York, October 2007; Advanced Metallization Conference, Asian Session (ADMETA), pp. 106-107, Tokyo, October 2007.
  12. Shuhei Amakawa, Hiroyuki Ito, and Kazuya Masu, “Signal transmission through interconnects with repetitive loads,” Advanced Metallization Conference (AMC), pp.173-174, Albany, New York, October 2007; Advanced Metallization Conference, Asian Session (ADMETA), pp. 94-95, Tokyo, October 2007.
  13. Yuka Kobayashi, Kazuma Ohashi, Yusaku Ito, Hiroyuki Ito, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “A 0.49-6.50GHz Wideband LC-VCO with High-IRR in a 180 nm CMOS Technology,” International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM), pp. 268-269, Tukuba, September 2007.
  14. Takashi Sato, Shiho Hagiwara, Takumi Uezono, and Kazuya Masu, “Weakness Identification for Effective Repair of Power Distribution Network”, 17th International Workshop on Power and Timing Modeling, Optimization and Simulation (PATMOS), Göteborg, Sweden, pp.222-231, September 2007.
  15. Hiroyuki Ito, Makoto Kimura, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “A 8-Gbps Low-Latency Multi-Drop On-Chip Transmission Line Interconnect with 1.2-mW Two-Way Transceivers,” IEEE Symposium on VLSI Circuits, pp. 136-137, Kyoto, June 2007.
  16. Hiroyuki Ito, Junki Seita, Takahiro Ishii, Hideyuki Sugita, Kenichi Okada, and Kazuya Masu, “A Low-Latency and High-Power-Efficient On-Chip LVDS Transmission Line Interconnect for a RC Interconnect Alternative,” IEEE International Interconnect Technology Conference (IITC), pp. 193-195, San Francisco, June 2007.
  17. Wanlin Fu, Makoto Kimura, Kenichi Okada, Jun Sakai, and Kazuya Masu, “Design of High-Density Interconnects for High-Speed Transmission,” The 57th Electronic Components and Technology Conference (ECTC), pp. 352-356, Reno, Nevada, USA, May 2007.

Tutorial Papers

N/A

Domestic Conferences

  1. 宮下 一哉, 富 万林, 伊藤 浩之, 堺 淳, 益 一哉 「高速プリント基板配線の特性ばらつきに関する検討」, 春季第55回応用物理学関連連合講演会, 28a-ZK-8, 2008年3月 (於 日本大学理工学部).
  2. 益 一哉, 「イントロダクトリートーク:True MEMSの実現はあるのか?」 春季第55回応用物理学関連連合講演会, 27p-ZA-2, 2008年3月27日 (於 日本大学理工学部).
  3. 畠山 英樹, 岡田 健一, 大橋 一磨, 伊籐 雄作, 上道 雄介, 小澤 直行, 佐藤 正和, 相沢 卓也, 伊籐 達也, 山内 良三, 益 一哉, 「高Q値WLPインダクタおよびその5.8GHz帯LC型電圧制御発振器への応用」, 応用物理学会シリコンテクノロジー分科会, No. 99, pp. 38-41, 2008年2月9日 (於 機械振興会館).
  4. 益 一哉, 「Si RF CMOS集積回路の展望 -Trend of Si RF CMOS Integrated Circuits-」, ワークショップ「高集積Si RF CMOS回路を実現する受動素子, モデリングの最新動向」, Microwave Workshop and Exhibition (MWE2007), 2007年11月29日 (於パシフィコ横浜)
  5. 山長 功, 佐藤 高史, 益 一哉, 「測定系の侵襲性を定量化可能なオンチップ電源電圧変動の直接測定手法」, 電子情報通信学会 総合大会, C-12-37, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  6. 佐渡島 進, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 畠山 英樹, 相沢 卓也, 伊籐 達也, 山内 良三, 益 一哉, 「WLP技術を用いた低雑音増幅器の検討」, 電子情報通信学会 総合大会, C-12-64, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  7. 前川 智明, 石井 隆宏, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「低消費電力オンチップパルス伝送線路配線」, 電子情報通信学会 総合大会, C-12-54, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  8. 小林 由佳, 大橋 一磨, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 畠山 英樹, 相沢 卓也, 伊籐 達也, 山内 良三, 益 一哉, 「WLP技術を用いた低位相雑音なCMOS電圧制御発振器」, 電子情報通信学会 総合大会, C-12-18, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  9. 伊藤 浩之, 益 一哉, 「W帯オンウエハS行列測定のためのディエンベディング手法」, 電子情報通信学会 総合大会, C-12-58, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  10. 植山 寛之, 佐藤 高史, 中山 範明, 益 一哉, 「リーク電流測定用トランジスタアレイ回路の測定」, 電子情報通信学会 総合大会, A-3-14, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  11. 萩原 汐, 佐藤 高史, 益 一哉, 「電源遮断回路におけるインバータ列遅延時間ばらつきの計算」, 電子情報通信学会 総合大会, A-3-7, 2008年3月 (於 北九州学術研究都市).
  12. 天川 修平, 益 一哉, 「“デバイス限界説”がシステム限界で覆る――集積システム微細化への挑戦と異分野連携への期待」, 日本機会学会関東支部第14期総会講演会, 21401, pp. 381-382, 2008年3月 (於 東京海洋大学越中島キャンパス).
  13. 前川 智明, 石井 隆宏, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「低消費電力オンチップパルス伝送線路配線」, 電子情報通信学会シリコンアナログRF研究会, Vol. RF2007-4, p. 7, 2008年2月 (於 大阪大学).
  14. 山長 功, 佐藤 高史, 益 一哉, 「Full-Wave 電磁界シミュレータによるプリント回路基板の電源網モデル化」, 第14回シリコンアナログRF研究会, 2007年11月.
  15. 味水 達也, 福水 洋平, 益 一哉 「in-vivo生体内モニタリングに向けた口腔内pHセンシングシステムの研究」, The 4th Tokyo Young Researchers Workshop, 2007年12月 (於 東京工業大学).
  16. 益 一哉, 「Si RF CMOS集積回路の展望」, ワークショップ4「高集積Si RF CMOS回路を実現する受動素子, モデリングの最新動向」, Microwave Workshop and Exhibition (MWE 2007), 2007年11月29日 (於 Pacifico Yokohama).
  17. 萩原 汐, 佐藤 高史, 益 一哉, 「パワーゲーティング技術における製造ばらつきの回路特性への影響」, 第131回 システムLSI設計技術研究発表会 (ICD/SIP/IE/SLDM合同研究会), 2007年10月 (於 会津若松).
  18. 山長 功, 佐藤 高史, 益 一哉, 「プリント配線基板電源網のインピーダンス低減手法の検討」, システムLSIシンポジウム, 2007年11月.
  19. 宮下 一哉, 木村実人, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「双方向・多対多伝送可能なオンチップ伝送線路配線の評価」, VDECデザイナーフォーラム, 2007年9月 (於 しんしのつ温泉).
  20. 伊藤 浩之, 「益研での高周波CMOS回路設計事例」(招待講演), VDECデザイナーフォーラム, 2007年9月 (於 しんしのつ温泉).
  21. 峰山 亜希子, 石井 隆宏, 木村 実人, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 畠山 英樹, 相澤 卓也, 伊藤 達也, 山内 良三, 益 一哉, 「WLCSP技術を用いた低消費電力オンチップ伝送線路配線の設計」, VDECデザイナーフォーラム, 2007年9月 (於 しんしのつ温泉).
  22. 上薗 巧, 佐藤 高史, 益 一哉, 「電源電圧降下の時間的・空間的広がり可視化回路」, VDECデザイナーフォーラム, 2007年9月 (於 しんしのつ温泉).
  23. 山長 功, 佐藤 高史, 益 一哉, 「ビアのインダクタンスに着目したプリント配線基板電源網のインピーダンス低減手法の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, B-4-7, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  24. 富 万林, 伊藤 浩之, 天川 修平, 堺 淳, 益 一哉, 「異なる減衰特性を有する配線からの漏話を考慮した実効減衰量」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-2-86, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  25. 植山 寛之, 佐藤 高史, 中山 範明, 益 一哉, 「大域ばらつきの近似次数が回路遅延ばらつきに与える影響」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, A-1-8, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  26. 峰山 亜希子, 石井 隆宏, 木村 実人, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 畠山 英樹, 相澤 卓也, 伊藤 達也, 山内 良三, 益 一哉, 「WLCSP技術を利用したオンチップ伝送線路配線の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-45, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  27. 前川 智明, 石井 隆宏, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「オンチップ伝送線路配線における低電力パルス伝送用駆動回路」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-43, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  28. 石井 隆宏, 伊藤 浩之, 益 一哉, 「プリエンファシス技術を用いたオンチップ差動伝送線路配線の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-42, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  29. 宮下 一哉, 木村実人, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「伝送線路を用いた多対多オンチップ高速配線の実測による評価」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-41, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  30. 大橋 一磨, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 畠山 英樹, 相沢 卓也, 伊籐 達也, 山内良三, 益 一哉, 「WLCSP技術を用いた高FoM 電圧制御発振器の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-35, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  31. 小林 由佳, 大橋 一磨, 伊藤 雄作, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「高イメージ抑圧比・周波数可変域拡張回路を用いたCMOS電圧制御発振器」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-31, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  32. 佐渡島 進, 山内拓哉, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 畠山 英樹, 相沢 卓也, 伊籐 達也, 山内 良三, 「WLCSP技術を用いた可変電力増幅器の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-28, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  33. 福田 聡, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 畠山 英樹, 相沢 卓也, 伊籐 達也, 山内 良三, 益 一哉, 「WLCSP技術を用いた広帯域低雑音増幅器の検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-27, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  34. 味水 達也, 福水 洋平, 益 一哉, 鈴木 昭, 渡部 茂 「口腔内pHモニタリングのためのISFET特性の基礎検討」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-10-14, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  35. 上薗 巧, 佐藤 高史, 益 一哉, 「電源電圧降下の時間的・空間的広がり可視化手法」, 電子情報通信学会 ソサイエティ大会, C-12-6, 2007年9月 (於 鳥取大学).
  36. 植山 寛之, 佐藤 高史, 中山 範明, 益 一哉, 「閾値電圧の大域ばらつきが回路遅延ばらつきに与える影響」, STARCシンポジウム, 2007年9月.
  37. 福田 聡, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「マルチバンドRFフロントエンドに向けた低雑音増幅器の研究」, STARCシンポジウム, 2007年9月.
  38. 大橋 一磨, 小林 由佳, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「0.4~6GHzマルチスタンダード無線通信回路実現に向けた広帯域電圧制御発振器の研究」, STARCシンポジウム, 2007年9月.
  39. 橋岡 真義, 益 一哉, 堀池靖浩, 「ナノギャップで捕捉されたdsDNAのssDNAへの変性メカニズム」, 秋季第68回応用物理学会学術講演会, 6a-A-6, 2007年9月6日 (於 北海道工業大学).
  40. 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉 「「グローバル配線」オンチップ伝送線路配線技術」(招待講演), 秋季第68回応用物理学会講演会, 6p-ZQ-7, 2007年9月 (於 北海道工業大学).
  41. 今井 正紀, 佐藤 高史, 中山 範明, 益 一哉, 「ノンパラメトリック統計的タイミング解析 (SSTA)の実現手法の検討」, DA シンポジウム, pp.121-126, 2007年8月 (於 舘山寺温泉).
  42. 石井 隆宏, 伊藤 浩之, 岡田 健一, 益 一哉, 「90nm CMOSオンチップLVDS型伝送線路配線に関する検討」, 電子情報通信学会シリコンアナログRF研究会, Vol. RF2007-1, p. 7, 2007年6月 (於 群馬大学).
  43. 益 一哉, 岡田 健一, 「リコンフィギュラブルRF回路技術の研究 (招待論文)」, 第20回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 131-135, 2007年4月 (於 軽井沢).
  44. 今井 正紀, 佐藤 高史, 中山 範明, 益 一哉, 「統計的パス遅延解析のためのMonte Carlo STA実行数評価の一手法」, 第20回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 703-708, 2007年4月 (於 軽井沢).
  45. 萩原 汐, 上薗 巧, 佐藤 高史, 益 一哉, 「相関係数にもとづく回帰分析の電源改善への適用」, 第20回 回路とシステム軽井沢ワークショップ, pp. 45-50, 2007年4月 (於 軽井沢).

Conferences/Meetings without Abstract

  1. 益 一哉, 「オンチップ伝送線路配線技術-True Scalingを目指して-」, IEEE EDS Tokyo Chapter DL(Distinguished Lecturer)講演会, 2007年11月28日.
  2. 益 一哉, 「最近の集積回路配線技術」, IEEE EDS Kansai Chapter DL (Distinguished Lecturer)講演会, 2007年11月19日.
  3. 伊藤 浩之, 「「グローバル配線」オンチップ伝送線路配線技術」, 電気学会機能性誘電体薄膜先端技術調査専門委員会 第6回委員会, 2007年11月5日.

Books

N/A

Exhibitions

  1. 展示名:「高性能Si RF-CMOS集積回路の開発」
    出展者: 東京工業大学 統合研究院 益研究室
    展示会: Microwave Workshop and Exhibition (MWE2007), November 28-30, 2007, Yokohama

Other

N/A